目の疲労と首・肩・腰

ツボは活かすもの

感性をはぐくむ

PCデスクワークで目の疲れ、首、肩、腰がいつもつらいのがお悩みの男性・40代

 

 


 

目の疲れで

 

首、肩、腰がつらくなる

 

というお悩みはいつも同じですが

 

毎回選ばれるツボは異なります

     

身体の状態は毎回ちがうので

お悩みは同じでもツボは毎回ちがいます

 

 

以前は疲れをためこんで

定期的に寝込んでいたそうです

 

今では「今日はつらい」と思っても

 

教わった呼吸とツボ体操でのりこえられる

自分で疲れがコントロールできる

 

外のゆがみだけでなく

内から変わるかんじなのでとてもありがたい

 

とおっしゃる男性です

 

 

快育呼吸と整体を続けていたら

自分の身体のきもちがよくわかり

 

自分で疲れをコントロールできる

ようになったそうです

 

ツボは効くのかと

疑問を持つ方もいらっしゃいますが

 

症状別のツボではなく

個別の身体に合うツボを選べば効果があります

 

そしてわたしたちは

 

ツボが効くというより

 

「ツボは活かすもの」だと考えています

 

 

セルフケアも同じです

 

自分の身体を感じて

そのときの自分に合うように

体操や呼吸を行うことで

 

効果を実感できるようになります

 

それが可能になる感性をはぐくむことが

いちばん大切になります

 

 

■まとめ

 

身体に合うツボを選んでツボを活かすこと

 

セルフケアも同じように

 

自分に合っている動きと呼吸のここちよさが

わかるような感性をはぐくみましょう

 

 

File No2. 施術に選ばれた主なツボ:後渓、陰谷、復溜、経渠、陽輔、支溝、前谷、曲沢など

 

※ツボについての考察です。個人の感想です。効果を保証するものではありません。同じお悩みに同じツボで効果があるわけではありません。ツボと骨のつながり、呼吸と動きで整います。

 

ホーム

ブログ>ツボのつながり

ブログ>身体づくり>目のセルフケア