· 

おしんの時代

 

たとえばNHKの朝ドラ『おしん』の時代

 

主婦は井戸で水くみ、薪割り、炊事、たらいで洗濯、掃除はぞうきんがけ、田畑を耕し、しゃがんで草取り、中腰で田植えと稲刈り、米俵をかつぎ、山の急斜面を歩き回って山菜採り、治水と道整備の土木作業、味噌は手作り、着物のほころびを縫い、赤ちゃんと舅、姑の世話、夜なべで手内職、休みは盆と正月だけ。

 

一流のアスリートの話ではなく

ごく普通の一般人の話です。

 

だれもがとてつもない

スーパーウーマン、スーパーかあちゃんでした。

 

筋力にたよっていては

必ず筋肉をやすませるための休日が

必要になります。

 

休みなく働けたのは

筋力だよりではない、力をぬいた

 

身体の使い方をしていたにちがいありません。

 

 

 

おしんの時代に戻りたくはありませんが

 

疲れにくい、疲労がたまらない身体の使い方をするには

参考にできることがあるはずです。

 

脱力とつながり(連動)、呼吸がカギになります。

 

ムダなちからを使わない

効率的な身体の使い方をめざしましょう。

 

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズの

愛読書として知られている

 

オイゲン・ヘリゲルの「弓と禅」

 

なども参考にしてみてください。