· 

むくみとしびれ・蒸し暑さの害

むくみとしびれ

蒸し暑さの害

蒸し暑さ(高い湿度)とむくみやしびれの関係

 

 


 

2人のちがう人物のお悩みは、

1人は女性で手がしびれて指がこわばるというものでした。

 

もう1人は男性で足がむくんで指で押すと跡がついてもどらない。

 

ちがう人物のちがうお悩みですが

メインとして選ばれたのは同じツボでした。

 

おふたりとも同じツボのつながり(けいらく)が

高い湿度の影響を受けたために

身体の不調としてあらわれたのだと考えられます。

 

しかしお身体はちがうので不調の出方は

それぞれ別のところだったというわけです。

 

同じツボをメインにした施術で

それぞれのお悩みが改善されました。

 

男性はむくみが引いて、

女性の手のしびれと指のこわばりがよくなりました。

 

東洋医学では蒸し暑さの害、

暑さというよりも高い湿度が身体に悪影響をあたえると

 

脾経というツボのつながりがダメージを受けやすくなると

考えられています。

 

脾経がダメージを受けると身体がだるくなる、

思考力がおとろえる。

 

消化が悪くなる。お腹がはる。

などの身体の不調をおこすと言われています。

 

また脾経は女性ホルモンや生理、妊娠にも関係していると

考えられています。

 

安産の灸で有名な三陰交というツボも脾経のツボです。

 

食べ物を消化する胃などの消化器系と婦人科系の器官が

同じツボのつながりの脾経に属するので

不思議な感じがするかもしれません。

 

もっともNHKの特集でも最新の医学では

臓器はそれぞれ連絡しあっていて

各臓器がお互いに影響しあっている

 

という研究が紹介されていました。

 

昔は非科学的と言われていた

ツボやツボのつながり(けいらく)が

最先端の科学で解明される日も近いかもしれません。

 

科学の進歩につれて東洋医学の古典(クラシック)と

最新の現代医学がどんどん近づいてきているようです。

 

 

 

file No.13 施術に選ばれた主なツボ:経渠、太白、支正、風市、陽輔など

 

※ツボについての考察です。個人の感想です。効果を保証するものではありません。同じお悩みに同じツボで効果があるわけではありません。ツボと骨のつながり、呼吸と動きで整います。

 

 ホーム

  ブログ>ツボのつながり