· 

朝の手のこわばり・ツボと呼吸

 ツボと呼吸

朝の手のこわばり

 

朝起きた時、手がこわばる60代女性

 

 


とくに朝起きた時

 

手がこわばる

ふだんでも手をにぎると厚ぼったい

 

というお悩みの60代女性

 

 

朝、手がこわばる原因は

何でしょうか?

 

まず病院で

リウマチや更年期、脳血管などの

検査をしてください

 

それらの検査をしたうえで

続きをごらんください

 

ツボからその原因を考察してみましょう

大きく分けて3つの原因が考えられます

      

1つは、骨盤の動きが悪い

2つは、汗を冷やしたとき

3つは、筋肉の脱力ができない状態

 

この方の場合は1と3の複合のようです

 

買い物のレジ袋や荷物を持つと

肩や腕にムダな力が入ったまま脱力できません

 

目の疲れがとれて

骨盤の動きが改善されるようなツボと

 

上半身の緊張をゆるめるような

ツボが選ばれました

 

手のこわばりには

身体を守るはたらきもあるのです。

 

ムダな力を抜くようにして

筋肉への負担を減らしてあげましょう。

 

 

つながりを整えてから

しあげに呼吸とツボとうごきの連動を

誘導しました

 

腕がひきしまり軽く感じられます

今までゆるまなかった筋肉がゆるみました

 

手のひらの厚ぼったい感じや

手を握ったときの抵抗が緩和されました

 

ムダな力を抜いて脱力するのは

慣れないと難しいかもしれません

 

はじめはゆるめてもらいましょう

 

快育で腰や背骨のつながりがよくなると

ムダな力がぬけて

こわばりがゆるんでくるのがわかります

 

快育呼吸と快育呼吸ストレッチで

柔らかい手をはぐくみましょう

 

すこしずつできるようになればいいので

あせらずにいっしょにがんばりましょう。

 

 

 

 

file No8. 施術に選ばれた主なツボ:太淵、復溜、合谷、太白、後渓、支溝など

 

※ツボについての考察です。個人の感想です。効果を保証するものではありません。同じお悩みに同じツボで効果があるわけではありません。

 

ホーム へ

ブログ>ツボのつながり

ブログ>姿勢と呼吸