踵骨(しゅうこつ)

イラスト 筒井よしほ

 

踵骨はかかとの骨です

 

距骨という足首の土台の骨を

下から支えるいちばん下の基礎の骨

 

いちばん下にあるため

踵骨のうごきが悪いとその上のすべてに影響します

 

膝、股関節、骨盤、せぼね、肩甲骨、頭蓋などの

ゆがみの原因になることがあります

 

踵骨と距骨の関節のうごきがいいと

 

足を地面につくときに

接地の衝撃をやわらげるクッションの役目をはたして

ショックを吸収してくれます

 

踵骨のうごきが悪いと

接地時にもろに衝撃を受けるので

足、膝、股関節、腰に大きな負担がかります

 

この関節のうごきがいいと

地にしっかりと足がついている感覚が

わかりやすくなるようです

 

弓道や柔道、合気道、太極拳

日本舞踊、ダンス、茶道、

ゴルフやランニングなどスポーツ

 

地にしっかりと足がつく感覚をはぐくみたい人は

踵骨と距骨の関節のうごきをよくしましょう


軸や自然体、上虚下実を体得するツボは

これらの関節にあると言えそうです

 


※感覚に関することは個人の感想です。人によって感想は異なります。成果を保証するものではありません。

 

 

ホーム

ブログ>骨のつながり