· 

ホットタオル(蒸しタオル)の作り方

 

手でふつうにしぼれるくらいのお湯の温度では

すぐ冷めるのであまり効果が期待できません。

 

快育式のやり方のご提案です。

それぞれでじぶんのやり方をくふうしてみてください。

くれぐれもやけど等しないように注意してください。

 

蒸しタオルの作り方①

 

やけどが気になる方は安全なやり方がいいでしょう。

 

ゴム手袋をはめて50~60℃くらいのお湯で

タオルをしぼって蒸しタオルをつくります。

 

適温にさまして

きもちいい温度になったのをたしかめてから

目にあてて気持ちよさをからだで味わいます。

 

蒸しタオルの作り方②

 

ゴム手袋がめんどうで

やけどをしないようにうまくやれる方は

タオルを洗面器にかけておきます。

 

両端は濡れないように外に出しておいて

熱めのお湯をかけます。

 

すこしのお湯でもタオルがしっかり濡れれば

1、2センチほどの深さの少量のお湯でじゅうぶんです。

 

熱くない、乾いている両端を持って

ねじるようにしぼります。

 

適温にさまします。

 

きもちいい温度になったのをたしかめてから

目にあてて気持ちよさをからだで味わいます。

 

ためたお湯でタオルをしぼると

2回目がかなり冷めてしまいます。

 

少量のお湯にして冷めたお湯は使わず新しくします。

あるいは冷めないくふうをしてください。

 

蒸しタオルの作り方③

 

時短派の方からは

電子レンジでチンしてもいいですか?

という質問がよくございます。

 

水でタオルをしぼっておいて

ラップでくるんで

電子レンジで加熱するやり方です。

 

「しないよりはやった方がいい。」

とお答えしています。

 

じぶんのからだの感じで

手しぼりとレンジでチンの蒸しタオルを

比較してみてください。

 

レンジでチンしたタオルは

熱さがトゲトゲしく感じるかも

 

冷めるのも急速では?

 

ひと手間かけた分

手しぼりの蒸しタオルのほうが

やさしいぬくもりで奥までゆるむ感じがする。

 

そう感じられるようでしたら

時短で効果がうすいよりも

 

ひと手間かけた分

効率的なやり方を

選んでもいいかもしれません。

 

見えないところで手をぬかない。

ひと手間をおしまない。

 

手しぼりの蒸しタオルは

そんな感性を大切にしたい人向きです。

 

※セルフケアはムリなく自己責任で行ってください。

※個人の感想です。得られる成果には個人差があります。

 

ホーム

ブログ>身体づくり