· 

サッカーのシュート感覚

 

学生時代、長年サッカーをしていました。

けっこうハードな練習をこなしてきました。

 

外側の筋肉を鍛えたり

ボールの蹴り方は教わりましたが

 

身体の中心感覚や身体のすみずみに息が入る

呼吸法は

教わったことがありませんでした。

 

今はPCデスクワークの日々、

運動不足な40代のパパ(親父)です。

 

先日、子どもたちとサッカーをしたのですが、

現役の時よりもいい感じで

ボールを蹴ることができました。

 

 「なんだろう?この感覚は!」  

 

PCデスクワークによる肩こり改善のため

 

快育のツボと快育呼吸で

つながりがよくなると

 

中心から動く動きを教わって

自分でも肩こりをほぐせるようになっていました。

 

疲れた時も疲れをためこまずに

息が入るここちよさにリセットできます。

 

呼吸がわかると日常の動作も

ラクにムリなく動くことができます。

 

そうしてつながりのいい身体、

息が入る身体をはぐくんでいたので

 

若い時よりもいい球が蹴れたのではないでしょうか。

 

スポーツで運動をしていれば

身体がよくなるはずなのに、

 

現実は長くスポーツをやった人には

かえってケガや故障が多いような気がします。

 

持病の腰痛があるスポーツ選手も多いと聞きます。

 

現役の時からこの感覚をはぐくんでいたら

よかったのにと思うことがあります。

 

そうすればもっとパフォーマンスもあがり

上達したしケガも少なかったのではないか

と感じています。

 

※個人の感想です。成果を保証するものではありません。

 

ホーム

ブログ>スポーツ上達