蝶形骨(ちょうけいこつ)

illust prico

  

蝶形骨は脳の受け皿の骨

コメカミから目の奥につながっていて頭蓋骨の中心軸になっています

 

後頭骨から脳幹とも関連し、筋膜をとおして

横隔膜、脊髄から仙骨までつながっています

 

また蝶形骨はホルモンの司令塔といわれる脳下垂体を納めているため成長ホルモンや幸せホルモン(オキシトシン)の分泌に関連しています 

 

目の奥の疲れ、首、肩、腰、呼吸、脳脊髄液、ホルモン分泌への影響が考えられます

 

蝶形骨の調整で肩こりの習慣がなくなった、目の奥が軽くなった

という人がいるのもうなずけます

 

コメカミの「太陽」というツボ付近で

蝶形骨に触れることができます

 

ツボをグイグイ押すのではなく

軽くふれるだけで修正することができます

 

 

 

蝶形骨がととのうと

 

首や肩の動きがよくなる

頭がクリアになる

呼吸が楽になる

 

などの感想を持つ人がいます※1

 

 

 

蝶形骨は

目の使いすぎやストレスで

歪むと言われています

 

 

蝶形骨が

からだ全体の調整に

とても重要であることは

いうまでもありません

 

 ※1 個人の感想です。成果を保証するものではありません。

 

 

ホーム

ブログ>骨のつながり