· 

汗をひっこめた身体

 

汗を引っ込めたからだ

 

 

 

桜が散って葉桜の緑まぶしいころから

梅雨・蒸し暑い夏にかけてふえるのが

寝違えや下痢、からだがだるい・重いなど

です。

 

汗をかいて風にあたり汗をひっこめてしまうと

寝違えのように首がうごかなくなったり

首や肩、肩甲骨の内側が痛んだりします。

 

また、ひっこめた汗を体外に排泄しようとして

下痢になることもあります。

 

汗をひっこめて皮ふが発汗できなくなり

有害物質を汗から排泄できなくなると

腎臓の負担がふえて

からだがだるくなったり重くなったり

腰痛やむくみ、筋肉のこわばり等になることもあります。

 

汗をよく拭いて

汗をかいたまま風にあたらないように

注意しましょう。

 

 

 ホーム

ブログ>季節とからだ