· 

汗と下痢・寝違え・ぎっくり腰

汗ばむ季節になると

ふえるのが寝違えやぎっくり腰、下痢、

からだがだるい・重いなどです。

 

汗をかいたまま風にあたり

汗をひっこめてしまうと

 

寝違えのように首がうごかない

ぎっくり腰でうごけない

 

ひっこめた汗を体外に排泄しようとして

下痢になったりします。

 

汗をひっこめて

有害物質を汗から排泄できなくなると

 

腎臓の負担がふえるために

からだがだるくなったり重くなったり

腰や筋肉がこわばったりします。

 

汗をよく拭いて

汗をかいたまま風にあたらないように

注意しましょう。

 

夏の終わりから秋口にも

注意が必要です。

 

夜は汗ばむ暑さで

明け方に冷えるときも

汗を引っ込めやすい

 

東洋医学の古典・傷寒論の記述が

汗をひっこめたときの不調に似ていると

指摘される先生もいらっしゃいます。

 

冷えだけでなく、汗にも注意しましょう。

 

※東洋医学の視点による健康観です。

 

ホーム

ブログ>季節とからだ