自律神経

自律神経失調症は

交感神経(興奮、活動時に優位)と副交感神経(リラックス時に優位)

のバランスがくずれ、体のあちこちに不調がでる状態をいいます。

 

自律神経のバランスが乱れると

頭痛、耳鳴り、冷え、動悸、めまい、下痢、便秘、手足のしびれ、肩こり、

腰痛、背中の痛み、倦怠感などのさまざまな症状があらわれます。

 

自律神経のバランスを整えるには、

呼吸と姿勢、骨盤のうごき、頭や首の改善が大切なポイントになります。

 

呼吸と動きの誘導でつながり(連動/全身ネットワーク)を整える

快育呼吸・整体が自律神経のバランスの調整に役立ち、

不定愁訴に効果をあげているのはそのためです。

 

身体が重い、だるい、いつも気分がすぐれない、疲れやすい、

不眠や手足の冷えなどの諸症状が改善されています。

 

古い打撲や突き指、ねんざ、手術跡のケアなど

見逃しがちなところが原因になっていることも考えられます。

 

そこを調整することで改善がすすむこともよくあるからです。