· 

姿勢をよくする3つのコツ

1.外の筋肉でがんばらない

 

姿勢をよくしようとして「気をつけ!」のときのように

外側の筋肉でがんばって姿勢を正しても

がんばってつくったいい姿勢は

長くは続かないのではないでしょうか?

 

当然、そうですよね。

すぐに逆もどりするのはしかたないことです。

 

なぜなら、筋肉は力を入れっぱなしにはできないからです。

 

緊張したままではいられないので疲れて限界がくると

いつの間にか、丸まった腰や背中に逆もどりしています。

 

筋肉の生理を考えると当然の結果です。

 

それではどうすればいいのでしょう?

 

ヒントは

力を抜いてリラックスした、いい姿勢をめざすことです。

 

 

2.ツボで関節をととのえる

 

リラックスしたいい姿勢をめざすには

ほぼ触れるだけの関節修正で

身体をととのえることが近道です。

 

身体が整っていないと

悪い姿勢のほうがラクなんです。

 

反対に身体が整うと

悪い姿勢が気持ち悪くかんじます。

 

今までのラクだと思っていた姿勢だと

背中や首、肩にムダな力が入っていることや

呼吸があさいことにきづきます。

 

ツボや膜・骨のつながりで

深層の筋肉にはたらきかけます。

 

外側のムダな緊張をゆるめて

内側の筋肉を使えるようにしましょう。

 

ツボ・膜・骨のつながりを使って

ツボと呼吸とほぼ触れるだけの関節修正で

深層の筋肉(コアマッスル)にはたらきかけて

使えない筋肉が使えるようにしましょう

 

まずはじめに身体を整えておく必要があります。

 

 

3.呼吸とリラックスでいい姿勢

 

呼吸で上手にリラックスすることで

力がぬけ、リラックスした

いい姿勢になることができます。

 

自然でラクないい姿勢。

 

ムリにつくったいい姿勢は長続きしませんが

息が入る自然でラクないい姿勢は

 

がんばりや努力がいらない自然体です。

 

 まとめ

・筋肉は疲労するので力んだいい姿勢は続かない

・リラックスしたいい姿勢をめざすべき

・ほぼ触れるだけの関節修正で自然ないい姿勢がラク

 

 

※個人の感想です。効果を保証するものではありません。

 

ホーム

ブログ>姿勢と呼吸

ブログ>スポーツ上達自然体のここちよさ